新しいステージで、更なる飛躍を。水戸支店 営業課 薄井 隆良

営業社員インタビュー

はじまりは好奇心だった。

中途採用としてTAUに入社した私ですが、前職では大手自動車販売店で整備士として働いていました。学生時代から、ものを作ったり機械をいじったりする仕事に就きたいと考えていて、興味があった自動車業界に身を投じたんです。

販売店での仕事は、もともと車好きである私にとって、やりがいを感じる場面も多くありました。4年ほど勤務し、それなりに経験も積んだある時、偶然TAUの求人を目にする機会があったんです。最初は単純に「自動車業界」ということで興味を持ち、TAUについて自分なりに調べました。その中で、「一体どんな会社なんだろう」という好奇心が高まり、選考を受けてみることにしたんです。怒られるかもしれませんが、最初は軽い気持ちだった、というのが正直なところですね(笑)。

しかし、選考に進む中で、TAUが展開しているビジネスモデルの面白さ、会社としての成長性の高さにどんどん惹かれていきました。そして、この会社であれば、長期的なキャリア形成はもちろん、自分自身が会社の成長の一翼を担っていけるのではないか、そんな胸が熱くなる感覚を抱いたのを覚えています。

営業マンとしてゼロからのスタート。

そうして、仕入れの営業マンとしてTAUに入社しました。もちろん営業という仕事についてはまったくの未知の状態。だからでしょうか、入社当初は目の前のことすべてに対して、「営業の仕事はこういう仕事なんだな」という風に、素直に学ぶ姿勢を持つことができました。周りの先輩方の支えも大きかったと思います。TAUって、とにかく面倒見の良いメンバーが多いんですよね。新人の頃、実績が振るわなかったり上手く行かなかったりすると、しょっちゅう先輩が声をかけてくれました。「こうしたらいいんじゃない」とか、「ここが良くないのかもしれない」とか、本音で向き合ってくれるんですよ。そういう人情味のあるメンバーに支えられて、営業マンとして一人前に育ててもらいました。

この仕事に就いて圧倒的に変わったのは、「視野の広さ」。TAUの営業は、日々勉強なんですよね。車についてはもちろん、輸出企業として、為替や世界情勢、各国での販売動向なども知識として持っておかなければなりません。また、取引先の社長さんが興味関心を持つ分野についても、積極的に情報を取り入れるよう心掛けています。確かに大変だと思うこともあります。しかし、そうした努力を積み重ね、取引先との信頼関係を強固なものにできた時は、何にも代えがたい喜びを感じますね。

会社の成長が、自身の楽しみ。

今後TAUは間違いなく、更なる成長を遂げていくでしょう。そして、今はまだ高いとは言えない一般の方に対する認知度も上がっていく。「ダメージカーのリユースを当たり前とする社会」の実現に向けて、社内で今どういったプロジェクトが進行しているのか、という点も社員全員が理解しています。だからこそ、現場からも全力でバックアップしていきたいと強く思いますよね。

―誰もがTAUのサービスを耳にしたことがある―そういう日が来ることを、待ち遠しく思います。

休日は、汗を流してリフレッシュ。

仕事のない土日は、体を動かすことが多いですね。最近はボルダリングにはまっていて、しょっちゅうジムに行っています。また、支店の有志でマラソン大会に出場することもあるんですよ。現在は、初出場となるフルマラソンの大会に向けて、営業マン同士で切磋琢磨しています。

平均的な1日のスケジュール

  • 9:00 出社・メールチェック
    メール・FAXでの査定依頼対応
    取引先への資料作成
  • 11:00 外交営業開始
    各取引先へ提案営業、実績報告、契約取り交わしなど
  • 16:00 帰社
    メールチェック、メール・FAXでの査定依頼対応、営業先アポ取り、販売活動
  • 17:30 営業ミーティング
    現在の進捗状況の確認、課題・情報を共有するためのミーティング
  • 18:30 資料作成
    取引先への提案資料、実績報告書等の作成
  • 19:15 退社
    日報を作成し、本日の仕事は終了